クリーピー 偽りの隣人

2016/06/23 あべのアポロシネマ
8/10

「結構な賛否真っ二つ状態ですね」

「みたいだね」

「やはり真っ先に
皆さんご指摘してらっしゃるのが
ツッコミどころでしょうか」

「うん なのかなぁ」

「原作と全然違う
とかっていう意見も多いですよ」

「だって違うんだから仕方ないよね」

「大好きなコミックの根幹を
踏みにじられたみたいな
感覚なんでしょうか」

「いっつも同じこと言ってるね
そういう人って
あなた 原作は読んでるの?」

「いいえ 全く」

「で どうだったの?
あなた的には」

「んー・・・やはり
それほど優れた作品には思えないかと」

「どういった点で?
ツッコミどころについていけない?」

「それはやっぱりまずありますよねぇ」

「じゃあさ
この作品 仮に
原作通り忠実に再現されてたら
おいおい ってなる箇所
ここまで指摘されなかったと思うのね
俺も実は小説の方読んでないんで
予測でしか喋れないんだけど
もし前川裕の書いた通りにやってたら
つまり
破綻の少ない方法を選択してたら
許せてたのかな?」

“クリーピー 偽りの隣人” の続きを読む

家族はつらいよ

2016/03/24 布施ラインシネマ
8/10

よくよく考えると オレオレ詐欺ってのは
若い奴が爺ちゃん婆ちゃんを
ダマくらかす筈 なのに
ここでは 長男の嫁である夏川結衣
爺ちゃんの橋爪功を警戒し
「どちらのオレ様ですか?」
と何度呼びかけても名乗ろうとしない相手は
ついにブチ切れ
「俺の声がわからんのか!」と
ただ晩飯がいらないという連絡だったことで
ひとまず落ち着くのだが
“家族はつらいよ” の続きを読む

の・ようなもの のようなもの

2016/02/01 大阪ステーションシティシネマ
7/10

とんでもない8ミリ映画の傑作が出た
という噂だけを耳にするだけで
いっこうに実体と接する機会のないまま
今まで見たことのない35ミリ邦画が上映されていた と
これまた過去形で聞かされるままに
「家族ゲーム」なる突然変異的な代物とバッタリ出くわすや
物の見事にノックダウンを喰らい
実はこの監督こそがかつて耳にした
8ミリと35ミリの傑作を作った張本人であると
聞かされた時はガチで悪寒が走り
マジでこいつ地球人ではないかも と勘ぐったものだった

“の・ようなもの のようなもの” の続きを読む