だれかの木琴

2016/09/15 シネマート心斎橋
4/10

まぁ こんなことだろうとは
思ってましたけどね(笑)

東陽一の作品に
何の思い入れもありませんし
嫌いとかだったらまだしも
好きでも何でもないっていう
「無」の境地ですから
手をこまねくこともなく
ただ見終わっただけである
という 悟りにも似た心境です

きっと原作自体が
つまらない代物に違いないんだろうなぁ
なんてことも思わせてくれたりする
スカスカの間延び演出

この歳だけど俺はまだまだやれる
なんて態度が見え隠れするイタさ

これを俺に勧めた知人のセンスを
疑ってしまう結果になったことが
この作品の最大の罠であり
そのことを罪だと言った途端に
自分に跳ね返ってくる
という意味では
かろうじて「危うい」作品には
なりえているんじゃなかろうか
なんて思ってもみたり・・・

“だれかの木琴” の続きを読む

貞子vs伽倻子

2016/07/10 布施ラインシネマ
4/10

よかったよぉ〜 って
言ってくる知人がいてさ
なんかちょっと不自然にも思えたんだけど
いっちょ乗っかってみるか
ということで 観に行ったんだけど

ま その知人を責めるわけにもいかず

て とこですかね

どこをどういう風に楽しめばいいのやら
また今度会ったら聞いときますけど

映画的にどうとか
そういうことじゃなしに

まず ちっとは怖がらせてよ

ってことですよ

“貞子vs伽倻子” の続きを読む

二重生活

2016/07/05 シネ・リーブル梅田
5/10

もったいない

ホント もったいなぁーーい

ここまで優れた尾行劇を演出しておきながら
バレた途端 うってかわって
全く別のクソ映画を
繋ぎ合わせたような展開のまま
クソエンディングを迎えてしまう
最悪の形を見せられてしまった

本当に同じ奴が演出したのか!?
というほどの変わりよう

それほどまでに
尾行がバレるまでの流れが
素晴らしすぎるんですわ

あぁーーー
途中退場したらよかったホンマ

“二重生活” の続きを読む

さよなら歌舞伎町

 
2015/01/28 テアトル梅田
3/10
 
去年の9月のことなんですけど
夕方6時半くらいに仕事場から帰宅したんですね
その日は昼過ぎからずっと雨で
車を出してレイトショーへ行く予定してたんですよ
それで7時半過ぎに玄関開けて出ようとしたら
柵の所にポツンと何か小さいものがいるんです
 
え!?
 

“さよなら歌舞伎町” の続きを読む

マエストロ!

2015/02/04 MOVIX堺
5/10

ある方が
「この映画の西田敏行の態度は許せない
マエストロとしてあるまじき行為である!」
というように
頭ごなしに批判してらっしゃったんですね

私 別に
この映画を擁護しようとか
そんなこと全く考えてないんですけど
この批判に対しては
ちょっとなぁー
って思っちゃったわけですよ

“マエストロ!” の続きを読む