だれかの木琴

2016/09/15 シネマート心斎橋
4/10

まぁ こんなことだろうとは
思ってましたけどね(笑)

東陽一の作品に
何の思い入れもありませんし
嫌いとかだったらまだしも
好きでも何でもないっていう
「無」の境地ですから
手をこまねくこともなく
ただ見終わっただけである
という 悟りにも似た心境です

きっと原作自体が
つまらない代物に違いないんだろうなぁ
なんてことも思わせてくれたりする
スカスカの間延び演出

この歳だけど俺はまだまだやれる
なんて態度が見え隠れするイタさ

これを俺に勧めた知人のセンスを
疑ってしまう結果になったことが
この作品の最大の罠であり
そのことを罪だと言った途端に
自分に跳ね返ってくる
という意味では
かろうじて「危うい」作品には
なりえているんじゃなかろうか
なんて思ってもみたり・・・

“だれかの木琴” の続きを読む

セトウツミ

2016/07/05 テアトル梅田
4/10

知らない場所で
ロケやってるわけじゃないし
できれば「笑ったわぁ〜」とか
言ってみたいんだけど・・・

どうなんでしょうねこういうの

劇場内はけっこう反応いいんですよ
何度となく予告編で流されてる場面が出ても
それなりに笑いが起こってる

皆さん楽しみに来られてるわけだし
それは私も同じ気持ちなんだけど
なんかね
池松壮亮菅田将暉のファンの集い
に間違って参加しちゃったみたいな
ちょっと居心地悪い気分であるのも
否定できない っていうさ

ま ぶっちゃけ言うと

そこそこ笑えても
決してそれを面白いとは思えないんですよ

“セトウツミ” の続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ

2016/05/24 テアトル梅田
8/10

冒頭
港町が映し出された瞬間から
ただならぬ気配が
画面を支配してしまい
続いて将太(村上虹郎)
向こう岸に見つける
大勢に囲まれて格闘する
泰良(柳楽優弥)の姿が
絶妙の距離をとって提示された途端
思わず襟を正してしまったのは
私だけではない筈です

ずっとこの距離を保ったままの画面を
しばらくは観ていたい
というこちらの欲求などなんのその
そんなだらしない甘えなど
クソ喰らえだ とでも言うように
画面はすぐさま向こう岸へ移動し
走り来る近藤(でんでん)を迎える

この集団リンチのような画は
一体何を意味するのか?

“ディストラクション・ベイビーズ” の続きを読む

海よりもまだ深く

2016/05/22 布施ラインシネマ
8/10

これは身につまされるなぁ って方
けっこういるんじゃないですか?

なんて他人事みたいに言ってますけど

私こそ どストライクでした

なんで映画でまたこんなものわざわざ
観せられなきゃならねぇんだよ
の連続でしたわ(笑)

と同時

面白くて面白くて
完全に中へ入り込んでました

久々に味わいましたよ
こういうアンビバレントな感覚

20代30代で鑑賞済みのあなた
50代になってから
もう一度観直してみなさい

スッゴイことになるから

“海よりもまだ深く” の続きを読む

劇場版 MOZU

2015/11/12 TOHOシネマズなんば
4/10

興味がわいたら劇場版行こっかなぁ ということで
「MOZU レジェンド」なるものを見たんですよ
料理なんかしながら朝ドラでも見てる みたいな
じっくりじゃない鑑賞方でしたけどね 前篇の中盤あたりから

だって ぜんぜん面白くないんだもん

“劇場版 MOZU” の続きを読む

私たちのハァハァ

 
2015/09/25 シネ・リーブル梅田
4/10
 
まず最初にお断りを
 
好き放題言いますので
この映画が好きな方は
読まない方がいいと思います
 
腹がたっても
それは読んでしまったあなたのせいだ
ということで
よろしくお願いしますね
 

“私たちのハァハァ” の続きを読む