ライト/オフ

2016/09/08 シネマート心斎橋
7/10

まさかまさかの
とんでもホラーでっせ皆の衆

無茶苦茶にビビらされましたぜ

まず鑑賞環境が尋常じゃない

100席あまりある場内
完全貸切状態!

21時15分の回
チケット買ったの私だけ

こんな究極のお膳立てあるでしょうか?

最高の画質と爆音を劇場まん真ん中で
しかも内容は ホラー
これが
「貞子vs伽倻子」とか「死霊館」とか
個人的に大した怖さじゃなかったものなら
こんな大ハシャギしてません

今回のこれ 皆の衆
覚悟して参れ

ガチでくるから

正確に3度
イスからケツ浮きました
同時に声あげてます

ええ歳こいて恥ずかしいだと?

貸し切り貸し切り

他に誰もいてまへんのよこれが

もぉーサイコー!!!

“ライト/オフ” の続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた

2016/07/22 シネ・リーブル梅田
5/10

若い頃 20歳前後かな
それくらいに一度でも
この際音楽じゃなくたっていい
イベントごととか
自分の器ギリギリのものと
ガチで取り組んだ経験がある人とか
例えば自主映画制作もその中に入るよね
そういうの1本作っちゃったり
または中止に追いやられたり
今から思えば よくあんなこと
真面目な顔してやってたなぁ とか
逆に 何であの時ああしなかったんだ とか

こういうこと思い出させてはくれるんだけど

いやいやちょちょちょい待ちぃー

こんなに物事
ちゃんちゃんと進んでっていいのか?
いや別に俺の事じゃないんでいいんだけど
スリングショットで脅されたり
校長に水責めされたり
なんか画に描いたような
モメごとは作ってあるけど
こうなんか物分かりよくススーイスイと
それなりのメンバー集まって
それなに歌えるようになって
それなりに弾けるようになって
いつの間にやら プロがワザと
ちょい垢抜けなしに聴こえるよう作った
メロディーとアレンジが
出来上がっちゃってて・・・

いやいや
そういうふうに考えちゃいけないんだな
この映画って

“シング・ストリート 未来へのうた” の続きを読む

セトウツミ

2016/07/05 テアトル梅田
4/10

知らない場所で
ロケやってるわけじゃないし
できれば「笑ったわぁ〜」とか
言ってみたいんだけど・・・

どうなんでしょうねこういうの

劇場内はけっこう反応いいんですよ
何度となく予告編で流されてる場面が出ても
それなりに笑いが起こってる

皆さん楽しみに来られてるわけだし
それは私も同じ気持ちなんだけど
なんかね
池松壮亮菅田将暉のファンの集い
に間違って参加しちゃったみたいな
ちょっと居心地悪い気分であるのも
否定できない っていうさ

ま ぶっちゃけ言うと

そこそこ笑えても
決してそれを面白いとは思えないんですよ

“セトウツミ” の続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI

2015/05/11 TOHOシネマズなんば
7/10

前々から観たい観たいと思ってて
かなりハードル上げちゃってたんだけど
そんなもの軽々とクリアしてしまった
凄いアニメーションです

“百日紅 Miss HOKUSAI” の続きを読む