オーバー・フェンス

2016/09/21 布施ラインシネマ
7/10

これぞ「正しい」映画ですよ みなさん

口直しになった なんて言ったら
山下敦弘に叱られそうだけど
本当 あざっす! って感じですわ

胸糞悪い映画のこと忘れさせてくれる
素晴らしい演出

映画でなければダメなんだ
という慎ましくも強烈な念が
今回もどうしようもなく滲み出ています

帰宅して思わずすぐ
「もらとりあむタマ子」
また観ちゃいましたからね
今年4回目でっせ
完全に中毒症状
ずぅーっと流しっぱなしでもいいくらい
ホント最高だわあれ
心の拠りどころになっちゃってるよマジ

しかしながら今回の蒼井優
あっちゃんに匹敵する強烈なインパクト
残してくれましたね

“オーバー・フェンス” の続きを読む

ライト/オフ

2016/09/08 シネマート心斎橋
7/10

まさかまさかの
とんでもホラーでっせ皆の衆

無茶苦茶にビビらされましたぜ

まず鑑賞環境が尋常じゃない

100席あまりある場内
完全貸切状態!

21時15分の回
チケット買ったの私だけ

こんな究極のお膳立てあるでしょうか?

最高の画質と爆音を劇場まん真ん中で
しかも内容は ホラー
これが
「貞子vs伽倻子」とか「死霊館」とか
個人的に大した怖さじゃなかったものなら
こんな大ハシャギしてません

今回のこれ 皆の衆
覚悟して参れ

ガチでくるから

正確に3度
イスからケツ浮きました
同時に声あげてます

ええ歳こいて恥ずかしいだと?

貸し切り貸し切り

他に誰もいてまへんのよこれが

もぉーサイコー!!!

“ライト/オフ” の続きを読む

死霊館 エンフィールド事件

2016/07/19 MOVIX堺
6/10

ホラー映画です
って出てこられたら
それだけでハードルあがりますから

・・・えー
ちょっと前にも似たようなこと言ったな
・・・あー あの映画
あれよりは確実に
こっちの方がホラーしてます

実話ってのがやっぱ大っきいよね
どうしたって有利に働く

「エクソシスト」が70年代初頭のワシントンD.C.
「悪魔の棲む家」の元ネタは
74年のロングアイランド
同じ74年製作でイギリスが舞台の「ヘルハウス」
「家」は76年公開でニューイングランドが舞台
そして今作は
77年のイギリス ミドルセックスでの実話ベース

ま ただ単純に並べただけだけど

ホラーブーム真っ最中だよね(笑)

2年あまり続いた
エンフィールドのポルターガイスト現象
80年代突入ギリセーフ

信じる信じないはあなた次第 ですか・・・

“死霊館 エンフィールド事件” の続きを読む

貞子vs伽倻子

2016/07/10 布施ラインシネマ
4/10

よかったよぉ〜 って
言ってくる知人がいてさ
なんかちょっと不自然にも思えたんだけど
いっちょ乗っかってみるか
ということで 観に行ったんだけど

ま その知人を責めるわけにもいかず

て とこですかね

どこをどういう風に楽しめばいいのやら
また今度会ったら聞いときますけど

映画的にどうとか
そういうことじゃなしに

まず ちっとは怖がらせてよ

ってことですよ

“貞子vs伽倻子” の続きを読む

二重生活

2016/07/05 シネ・リーブル梅田
5/10

もったいない

ホント もったいなぁーーい

ここまで優れた尾行劇を演出しておきながら
バレた途端 うってかわって
全く別のクソ映画を
繋ぎ合わせたような展開のまま
クソエンディングを迎えてしまう
最悪の形を見せられてしまった

本当に同じ奴が演出したのか!?
というほどの変わりよう

それほどまでに
尾行がバレるまでの流れが
素晴らしすぎるんですわ

あぁーーー
途中退場したらよかったホンマ

“二重生活” の続きを読む

殿、利息でござる!

2016/05/15 布施ラインシネマ
6/10

文句言うと
バチが当たるような気にさせる作品?

少し皮肉も混じってますが
内容がそういう展開だからね

でも 本当に
しっかりとした土台を元に
建てられた一軒家みたいで
安心して最後まで観てられます
ここでの 安心 が
果たしていいのかどうか問われれば
今回の場合 私は
いい と自信持って言えますけどね

この手堅さって 今けっこう
必要とされてるんじゃないでしょうか

“殿、利息でござる!” の続きを読む