スティーヴ・マックィーン その男とル・マン

2016/07/07 シネマート心斎橋
6/10

マックィーンのファンじゃなかったら
ちょいキツいかも知んないけど
私のような(自称)大ファンなら
けっこう楽しめるドキュメンタリーです

「栄光のル・マン」
本国では散々な酷評祭りだったらしいけど
日本じゃ大ヒットしましたからね

小学生だった私は
リバイバルで観に行ったんですよ
親父に腕引っ張られてワケもわからず
梅田のOS劇場ですよ
天下のシネラマですよ
元々シネラマ方式で
撮影されているかどうかなんて
この当時 そんなこと気にするワケもなく
生まれて初めての大画面体験
とにかく どデカかったなぁ と
車 いっぱい走ってたなぁ と

正直 その程度の感想でした

ただ その頃からもぉ
マックィーンの大ファンだったんで
彼が大画面に現れてくれる
ただそれだけで大満足でした

“スティーヴ・マックィーン その男とル・マン” の続きを読む

日本で一番悪い奴ら

2016/06/26 布施ラインシネマ
6/10

んーーーーーーーー

てな感じですな(笑)

135分ですか

長いのに全く退屈しないのね
次から次へと展開してくれるんで
面白いってことは
認めざるを得ないんだけど
なんかブッ飛び感がないっていうか
それなりっていうか
どうもムズムズしちゃうわけ

・・・・

なんなんだろうねこれって?

“日本で一番悪い奴ら” の続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ

2016/05/24 テアトル梅田
8/10

冒頭
港町が映し出された瞬間から
ただならぬ気配が
画面を支配してしまい
続いて将太(村上虹郎)
向こう岸に見つける
大勢に囲まれて格闘する
泰良(柳楽優弥)の姿が
絶妙の距離をとって提示された途端
思わず襟を正してしまったのは
私だけではない筈です

ずっとこの距離を保ったままの画面を
しばらくは観ていたい
というこちらの欲求などなんのその
そんなだらしない甘えなど
クソ喰らえだ とでも言うように
画面はすぐさま向こう岸へ移動し
走り来る近藤(でんでん)を迎える

この集団リンチのような画は
一体何を意味するのか?

“ディストラクション・ベイビーズ” の続きを読む

COP CAR コップ・カー

2016/04/19 シネ・リーブル梅田
6/10

久々に名画座で堪能した感覚
だけど
2本立てじゃないのがちと寂しい

これ
こないだやってたシュワちゃんの・・・
・・・なんだっけあれ?
あの あれあれ
あれやんかゾンビのやつ
ゾンビ言うたらアカンかった?
ええやんな
あ 「マギー」
あんなんと2本立てでやったらええのにな
ほなもっとお客さん入るんとちゃう?

でもないかぁ

DVDやYouTubeや
有料動画サイトやなんやいっぱいあんのに
今さら2本立て復活! とか気張っても
寒いわなぁ〜

“COP CAR コップ・カー” の続きを読む