ズートピア

2016/04/24 布施ラインシネマ
5/10

ただの良質アニメじゃん

違うの?
お前が思う以上に凄いんだよ って?

ごめん
本当バカなんでわかんなかったっす
スンマセン

20160425-101805

途中寝かけたんですけど

バカバカって言わないで
バカなんで傷つかないから
別の言い方にして
ん? そうそう
クソふにゃチン野郎
それいいわもっと言って
ディズニーに謝れ?
謝ってもいいけど
もっと汚い言葉浴びせてよ
地球に土下座しろ?
いいわねそれ 物理学的で
ビンビンになってきたわ
じゃ 始めましょうか

で なんだっけ?

あぁ ディズニーさんの
ワンパターンアニメね
ダメダメそんなこと言っちゃ
あんたみたいな脳足りんの
1,000倍ファンの人いるんだからね
スンマセン
謝って済んでるうちが花よ
俺何人いるんだ?
今んとこ2人よ
これ以上増えないうちに
ちゃっちゃと終わらせましょう
はい

20160425-133736

 

「何にも面白くねぇんだけど」

「だから面白くないとか言っちゃダメでしょ
ファンの人怒ってくるわよ
ちょっと不倫しただけでワイワイガヤガヤ
うるさい世の中なんだから」

「じゃ何て言うんだよ?」

「ちょっと合わなかったかな とか
色々あるじゃない」

「あんた世渡りうまそうだねぇ」

「大きなお世話です
で 何がそんなに合わなかったの?」

「んー なんだろなぁ・・・全部」

「全部てあんた 何それ?」

「だから全部」

「何もかも?」

「そう 何もかも」

「見る前になんか嫌なことあったの?」

「ない」

「じゃなんで?」

「なんでって 単にノれなかったんですけど」

「こんな面白いのに!?」

「面白いのはあんたの勝手だけどさ
俺はつまんなかったんだよ」

「どこが?」

「全部」

「全部てあんた 何それ?」

「もぉーええわ!」

「ちゃんちゃん」

「なんだお前!?」

「やるか?」

「はぁ??」

「かかってこい坊主!」

「もぉええわそのノリ しんどいから」

「はいはい」

「帰りたい」

「帰ったあかんがな」

「だからもぉ 出だしから
リズム的にも乗れなかったわけですわ」

「あの舞台劇使った絶妙な説明シーンが?」

「あれもやし
ウサちゃんが警察官なる前と
なってからのくだりも
なんかいちいち面倒くささしか
感じなかったし」

「列車乗って憧れのズートピア着いて
駐車違反取り締まって
キツネくん助けて裏切られて」

「えらい飛ぶなアンタ
さてはあんたも〈隠れ反ズートピア〉やな?」

「何言うてんの違う違う
変な噂流さんとってや
ちょっと人と意見違うだけで
ネットでガボガボ叩かれるご時世なんやさかい」

「ガボガボってなんや?」

「あ ちゃうわ ガビガビや」

「・・・まええわ
でやな ウサちゃんとキツネくんの二人三脚で
肉食動物凶暴化の原因解明に乗り出して
なんか紫色の植物が原因で
羊のおばちゃんが犯人で
最初の舞台劇の伏線回収で一件落着
なにこれ?」

「面白いやんか
面白いって言い!」

「言い ってなんやねんお前」

「誰がお前やねん」

「お前がお前やねんじゃボケ!」

「で? 面白ない理由はこんだけ?」

「なんやノリ悪いな」

「アンタと一緒で早よ終わりたいねん」

「そうかいな スンマヘンな」

「どういたいしましたぁ!
あっはははは母母母母の日ぃ〜〜〜Z!!」

「・・・なんじゃお前」

「ま ええがな はよ 続きは?」

「いや まぁな ほんで
逆に聞きたいくらいなわけよ
みんなどこがおもろかったんかな と」

「そら テーマ性とかそんなんちゃうん」

「テーマ性なぁ なんかウザない?」

「ウザくない! 清く正しい!
私は潔白です 犯人じゃありません裁判長!」

「誰やお前 もぉそのノリやめ」

「失礼いたしましかしまし娘ぇー〜〜」

「・・・帰るわお疲れ」

「まぁまぁ待ちいなそんなこと言わんと旦那はん」

「もぉ無理しんどい」

「ちょっと待っとくんなはれぇ〜なぁ〜」

「1発どつかしてくれ」

「暴力反対 で? 続き」

「どっからの続きやねん」

「テーマ性とかその辺」

「あぁ なんか教育映画見せられてるみたいで
しんどないかああいうの?
いや聞いた俺が悪かった
しんどかってもそう言えへんわなお前は」

「そうそう」

「やっぱしんどかったんや」

「アホなこと言いな」

「まぁええわ まぁ手早く言うたら
タイムリーにも程があるやろちゅうこっちゃ」

「はぁ」

「人種問題に大統領選
それでのうてもスカスカのアニメやのに
そんな後ろ盾あったらまったく楽しまれへんし
笑いどころも顔引きつるしな」

「はぁ」

「どうにもやっぱり
〈アメリカ〉という巨大“組織”が
あちこちにチラついて
これは偏見と思われるの覚悟で言うけど
リベラルのドヤ顔がムカつくわけよ」

「わぁ〜言うてもタァ〜」

「差別される側に立つことをあえてしない
ていうスタンスも今さら感否めんしな
展開の構成力がすごいとか言うけど
正直感心する箇所なんてほとんどなかった
これもあくまで私見やけど
しいて言えば
大小の動物たちが混在する世界観を
いかにもなディズニーらしさで
描いてるところは
さすがやなぁーとは思たけど」

「ナマケモノのくだりは?
けっこう笑えたんとちゃうあれ?」

「いやどうかなぁ
面白ないとは言わへんけど
あいつらが出た時点で
どういう笑いに持っていくんか
1発でバレバレやんか
ほんでその通りに運ばれるし
それよりオオカミらのとこの方が
俺的には面白かったけどな」

「遠吠えしたらつられて一緒に
みんながやってまうとこ」

「そうそう」

20160425-101652

「オオカミつながりで
1割しかおらん肉食動物て
普段何食べてんねやろ て思わんかった?」

「ワォ あんた結構ええとこ突くなぁ
確かにな そういう描写ないし
受付のトラがドーナツとか食うてるだけやしな
肉系をガブりとやってるとこ
明らかに避けてるわな」

「それ出してもうたら
おいおいその肉もともと誰のや
ってなるし
一気に破綻感が漂いだす」

「積み上げたメタファー大会崩落
やばいやばい「アナ雪」臭が」

「レリゴー!
あっはははは母は母・・・」

「もぉええわ!
ていうかあんた こっち側やろ実は?」

「だからそういう誤解生むようなこと
言わんとってて言うてるやんか
さっきからボケ死ね!!」

「落ち着きぃな
ちょっと鼻息荒いで」

「ほっといて」

「草食が植物口にしてるとこ
見せへんのはそのためやな
肉食が何食ってたのかを
曖昧にするため」

「デザート系ばっかやもんね
ウサちゃん繋がりの
ニンジンくらいやんか
まともに画面に出てくる草系」

「あと 例の紫の植物」

「だからクライマックスで
キツネくんがウサちゃんの首に
ガブりと嚙みつく振りするのが
妙に生々しく感じるという効果も
生んでるんやけどね」

「何かをひた隠しにすることによって
成立する 完全犯罪的な映画」

「ただし 面白さに欠ける」

「あっ!?
今言うてもたやんアンタ自分で」

「・・・ヤバっ」

20160425-101451

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です