ホース・マネー

2016/07/27 シネ・ヌーヴォ
7/10

恥ずかしながら
ペドロ・コスタ初体験なんですよ
「ヴァンダの部屋」さえ観ておりません

今回ちょっと試しに観に行ってみるかと

まぁー 厳格なこと(笑)

画面観てるだけで圧倒されます

どうしても思い浮かべちゃうのが
「黒衣の刺客」ですねぇ
私あれ 全く好きになれないんですが
画面の凄さは今作と双璧
私的な好みだけでいうと
今作の方が私には向いてました
なんかやっぱあの侯孝賢
ものすごく違和感あったのね
身の丈に合ってないっていうか
・・・・
やめとこ
ファンの人に怒られそうだわ

“ホース・マネー” の続きを読む

ロスト・バケーション

2016/07/26 MOVIX堺
6/10

こういうのは本当いうと
なーんにも知らない状態で
見たいんだけどねぇ

ある日 時間ちょっとあったんで
映画でも見ようかなと
劇場へ入ったところ
なんだこれ スゲーおもしれぇージャン
みたいな出会い方とか
暇で死にそうなんでTSUTAYA行ったら
誘導催眠かけられたみたいに
手に取った作品が
なんだこれ スゲーおもしれぇージャン
みたいなランデブーとか

 

こんにちは キラキラ親父です

今回はですね
なんとサメが出てきます
ビックリですねぇ

と言いたいところなんですが
サメなんか出ないと思ってる人
残念ながら 皆無に近いんでしょうね
そして案の定 出てました

事前にこんだけ振っといて
結局最後まで
サメなんか出てこなかったって映画
世界に1本くらいあっても
良さそうなのにねぇ

“ロスト・バケーション” の続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

2016/07/25 TOHOシネマズなんば別館
6/10

ほどよくできた伝記映画
なんて言ったら叱られるのかな?

ま でも 面白く見させていただきました

今この題材を
この切り口でやるってことに
意義があるんだからね
グチャグチャ言っても始まりません

未だに反省の色が見えないもんね
この国もあの国も

根本のところで
なーんにも変わっちゃいない

・・・
いっかぁこんな話は

“トランボ ハリウッドに最も嫌われた男” の続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた

2016/07/22 シネ・リーブル梅田
5/10

若い頃 20歳前後かな
それくらいに一度でも
この際音楽じゃなくたっていい
イベントごととか
自分の器ギリギリのものと
ガチで取り組んだ経験がある人とか
例えば自主映画制作もその中に入るよね
そういうの1本作っちゃったり
または中止に追いやられたり
今から思えば よくあんなこと
真面目な顔してやってたなぁ とか
逆に 何であの時ああしなかったんだ とか

こういうこと思い出させてはくれるんだけど

いやいやちょちょちょい待ちぃー

こんなに物事
ちゃんちゃんと進んでっていいのか?
いや別に俺の事じゃないんでいいんだけど
スリングショットで脅されたり
校長に水責めされたり
なんか画に描いたような
モメごとは作ってあるけど
こうなんか物分かりよくススーイスイと
それなりのメンバー集まって
それなに歌えるようになって
それなりに弾けるようになって
いつの間にやら プロがワザと
ちょい垢抜けなしに聴こえるよう作った
メロディーとアレンジが
出来上がっちゃってて・・・

いやいや
そういうふうに考えちゃいけないんだな
この映画って

“シング・ストリート 未来へのうた” の続きを読む

死霊館 エンフィールド事件

2016/07/19 MOVIX堺
6/10

ホラー映画です
って出てこられたら
それだけでハードルあがりますから

・・・えー
ちょっと前にも似たようなこと言ったな
・・・あー あの映画
あれよりは確実に
こっちの方がホラーしてます

実話ってのがやっぱ大っきいよね
どうしたって有利に働く

「エクソシスト」が70年代初頭のワシントンD.C.
「悪魔の棲む家」の元ネタは
74年のロングアイランド
同じ74年製作でイギリスが舞台の「ヘルハウス」
「家」は76年公開でニューイングランドが舞台
そして今作は
77年のイギリス ミドルセックスでの実話ベース

ま ただ単純に並べただけだけど

ホラーブーム真っ最中だよね(笑)

2年あまり続いた
エンフィールドのポルターガイスト現象
80年代突入ギリセーフ

信じる信じないはあなた次第 ですか・・・

“死霊館 エンフィールド事件” の続きを読む

裸足の季節

2016/07/15 テアトル梅田
3/10

評判そこそこいいみたいだけどこれ

おもしろいのか?

なーんか全く
こっちに入ってきてくれないっていうか
最後の最後まで
ただの他人事で終わっちゃったのね

どうでもいいわこんな話
っていうさ

俺の頭がおかしいんだろうね

ほぼ満席状態だったから
期待に胸膨らませてたんだけど

なんだろね この
なんとなく騙されてるんじゃなかろうか感

ソフィア・コッポラの才能を
逆に証明しちゃってるよね

まずいんじゃね?

“裸足の季節” の続きを読む