コロニア

2016/09/27 シネ・リーブル梅田
6/10

ひと昔前だったら
「拾いもの」なんて言い方
されてたような作品ですよね(笑)
思いの外楽しめた みたいな

確かにそういう感じは
プンプン臭ってきます

70年代 チリでの軍事クーデターを
背景にしたストーリーなんて聞くと
なにやら小難しそうな先入観で
満たされちゃうんですが
全くそんなことない
エンタメに徹した作りである
という意外性がもたらす好感度が
「拾いもの」感をグングン上昇させる
わけですけど

やっぱ「拾いもの」だけあって
どうしてもアラが見え隠れしてしまう
わけなんです 悲しいかな

“コロニア” の続きを読む

栄光のランナー 1936ベルリン

2016/08/22 TOHOシネマズなんば別館
5/10

不謹慎を承知で言わせていただくなら

正直 つまらなかったです

何て言うんでしょう
脚本から演出から
その「真っ当さ」が
広がりを拒んでるというか
コンパクトに収めることが
美徳とでも思ってるのか

なんてちょっと言い過ぎですけど

スポーツの祭典を舞台にしながら
これほどカタルシスから
遠退いてる事態も珍しいのではないか

そんな風にも思ったんですが

まぁ 私の感覚がおかしいんでしょう

“栄光のランナー 1936ベルリン” の続きを読む

裸足の季節

2016/07/15 テアトル梅田
3/10

評判そこそこいいみたいだけどこれ

おもしろいのか?

なーんか全く
こっちに入ってきてくれないっていうか
最後の最後まで
ただの他人事で終わっちゃったのね

どうでもいいわこんな話
っていうさ

俺の頭がおかしいんだろうね

ほぼ満席状態だったから
期待に胸膨らませてたんだけど

なんだろね この
なんとなく騙されてるんじゃなかろうか感

ソフィア・コッポラの才能を
逆に証明しちゃってるよね

まずいんじゃね?

“裸足の季節” の続きを読む

ヴィクトリア

2016/05/13 シネ・リーブル梅田
7/10

こう考えたらどうでしょう

映画による実験結果の
1つに過ぎないのだ と

まずこの前提で観たなら
脳ミソの方も
ちょっとだけ柔らかくなるでしょ?

・・・ならねぇか
ま いいや

にしてもだな
凄いことやってますよこの作品
まずはなんとか成功した
というだけで拍手送りたい気分だね
こっちが想像出来得る以上の苦労が
あったと思う

同じような手法で
これと似た感じで観せてくれる作品
各自それぞれ何本か
思いつくと思うんだけど

“ヴィクトリア” の続きを読む

リリーのすべて

2016/03/22 MOVIX堺
4/10

んーーーー

ん?

んーーーーーーー

なに?

ん?    ほんで なんなん??

“リリーのすべて” の続きを読む

独裁者と小さな孫

2015/12/22 シネ・リーブル梅田
4/10

写真は冒頭のシーンなんですけど
これ見た瞬間
あっ こいつダメだな
って思っちゃったんですよ

“独裁者と小さな孫” の続きを読む