マジカル・ガール

2016/04/01 シネ・リーブル梅田
7/10

ちょっと頑張りすぎて
6時間ほどのシナリオを書いてしまい
劇場用だし しかもデビュー作だし
どうあっても2時間前後には収めて欲しい
という当然の要望もあり
あれやこれやと色々削っていくうち
あそっかぁ 馬鹿正直に
何でもかんでも見せるんじゃなくて
何でもかんでも仄めかせばいいんだ と
そうなると作業は大胆になり
あっという間に予定通り削り倒せ
あとはちょっとした繋ぎのための塩コショー

ワァオー なかなかいいじゃんコレ

みたいな感じで出来上がったなどと
まさかそんな失礼なこと
何があっても口にしたくない程
今作の完成度は実に素晴らしい

 

“マジカル・ガール” の続きを読む

オートマタ

2016/03/15 なんばパークスシネマ
6/10

人間にとって都合悪いから
ロボットの足引っ張るんだけど
クズ人類より一枚上手の機械側が
世間では常識とされてるらしい
上司の許可とって何か行うっていう
ステップをステップして
どんどん進化し続けるもんだから
収拾つかねえなこりゃ と
“オートマタ” の続きを読む

ザ・ガンマン

2016/02/09 MOVIX堺
4/10

まぁークソおもろもないわな

予定通り ちゅうことやね

なんか出だしは
コンゴの大企業がどやこやみたいなんで
複雑に色んなもんが絡み合った
ストーリー展開なんかなぁー
てな感じでちょっと期待したんよ

“ザ・ガンマン” の続きを読む

アンジェリカの微笑み

2015/12/29 シネ・リーブル梅田
8/10

まさかとは思うが
深夜にもかかわらず
写真屋を訪ねてきた執事の所にだけ
雨が降り注いでるんではなかろうかと思わせる為なのか
意識が吸い込まれそうになる程の深い闇を孕んだ
ドウロ河沿いの町並みを捉えたファーストショットだけでは
雨天/晴天を判断しかねるという地点へ
こちらの脳を軌道修正しようとする意図があるのかないのか
という思惑さえ飛び越えんとする
謂わば ギネス級に年齢を重ねただけではない
荒唐無稽な老監督の身体から決して剥がれ落ちぬ
スリリングなショットの積み重ねが
またもやこれから始まるのかと
多少なりとも身構えてたこちらの安っぽい武装スーツなど
あっさりと脱がしにかかられる強度たるや
やはりただのジジイなんかの筈はなく
映画的に最高に優れた胡散臭い魔法使いなのだと
改めて確認できた次第です

“アンジェリカの微笑み” の続きを読む

人生スイッチ

 
2015/07/31 シネリーブル梅田
6/10
 
この映画
1話目の冒頭からスタイルを主張してきます
まずは 座席真上にあるバゲージ・ボックスの中から
機内を覗く画面を提示
 

“人生スイッチ” の続きを読む