コロニア

2016/09/27 シネ・リーブル梅田
6/10

ひと昔前だったら
「拾いもの」なんて言い方
されてたような作品ですよね(笑)
思いの外楽しめた みたいな

確かにそういう感じは
プンプン臭ってきます

70年代 チリでの軍事クーデターを
背景にしたストーリーなんて聞くと
なにやら小難しそうな先入観で
満たされちゃうんですが
全くそんなことない
エンタメに徹した作りである
という意外性がもたらす好感度が
「拾いもの」感をグングン上昇させる
わけですけど

やっぱ「拾いもの」だけあって
どうしてもアラが見え隠れしてしまう
わけなんです 悲しいかな

“コロニア” の続きを読む

レッドタートル ある島の物語

2016/09/26 TOHOシネマズなんば
6/10

なんか同じことばっか言ってるみたいで
申し訳ないんだけど

是非これ
小さいお子さんがいるんなら
一緒に観に行ってあげて
欲しいんですけどね

観た後
ポカーンとなっちゃうかもしんないけど
忘れ去られることなんてあり得ない作品
になることだけは確かですから

面白かったどうかの話じゃないのね

画の状況であるとか
点でしかない人物の両目であるとか
そういや
ワァー! とか アー! ばっかで
セリフなかったなぁとか
そういうことが脳にはり付いて
離れなくなるんだと思う

「かぐや姫の物語」なんて
いきなり観せちゃったら
パニック起こして
二度と立ち直れなくなるからさ
今作くらいがちょうどいいんですよ

“レッドタートル ある島の物語” の続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

2016/09/02 シネ・リーブル梅田
4/10

ごめんなさい
何をどう楽しめばいいのやら
さっぱりです(笑)

言葉が出てこない妹が可愛いんですか?

ちょっと意地悪な兄貴が
徐々に心変わりしてゆく過程が
美しいんでしょうか?

妻が海に帰ってから
おばあちゃんの言いなりになっちまった
お父さんと今の自分の境遇が似てるとでも?

“ソング・オブ・ザ・シー 海のうた” の続きを読む

栄光のランナー 1936ベルリン

2016/08/22 TOHOシネマズなんば別館
5/10

不謹慎を承知で言わせていただくなら

正直 つまらなかったです

何て言うんでしょう
脚本から演出から
その「真っ当さ」が
広がりを拒んでるというか
コンパクトに収めることが
美徳とでも思ってるのか

なんてちょっと言い過ぎですけど

スポーツの祭典を舞台にしながら
これほどカタルシスから
遠退いてる事態も珍しいのではないか

そんな風にも思ったんですが

まぁ 私の感覚がおかしいんでしょう

“栄光のランナー 1936ベルリン” の続きを読む

裸足の季節

2016/07/15 テアトル梅田
3/10

評判そこそこいいみたいだけどこれ

おもしろいのか?

なーんか全く
こっちに入ってきてくれないっていうか
最後の最後まで
ただの他人事で終わっちゃったのね

どうでもいいわこんな話
っていうさ

俺の頭がおかしいんだろうね

ほぼ満席状態だったから
期待に胸膨らませてたんだけど

なんだろね この
なんとなく騙されてるんじゃなかろうか感

ソフィア・コッポラの才能を
逆に証明しちゃってるよね

まずいんじゃね?

“裸足の季節” の続きを読む

山河ノスタルジア

2016/05/10 シネ・リーブル梅田
6/10

微妙な映画を
微妙な気分で観て
微妙が治らなくなってる

ような感じです

これジャ・ジャンクーなのかよ!?
とか言ってはいけません
ちゃんと見れば
ちゃんとジャ・ジャンクーしてるでしょ?

つうか
気になったのがアスペクト比

時代で変化させるのは全然いいと思う
面白いかどうかは別にして
たださ
スタンダードとビスタに続いて
シネスコ画面になるじゃん
あれ なんで
レターボックス化しちゃってんの?
明らかに意味が違ってくるよね
だって ビスタより
面積小ちゃくなるんだから

監督があえてそうしたって言うんなら
何にも言わないけど
あの2025年パートがもし
本来のシネスコ画面に変化してたら
全く見終わった後の印象
違ってたと思うんだけど
どうでおまっしゃろか?

“山河ノスタルジア” の続きを読む